QLOOKアクセス解析

*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな月への旅立ち





ある一人の子の旅立ち





月の子をぜひ子供にと





新しいお父さんお母さん





体育と図工が大好きな活発な女の子






何度膝を擦りむいて帰ってきたことか





しかし、出会った時は...





その小さな心にいったい体の何倍もの重みを抱えてるんやろう...そう思った





両親の自殺





その瞬間を小さな瞳に焼き付け、やがて瞳を閉じて言葉を封印した





計り知れない衝撃





その瞬間にすべてのものから自らを防御した





いつか..




カウンセリングを幾度も受けたけども先生も半ばサジを投げた状態だった





その心に深過ぎる傷を残しそして頑丈な壁を作った





元ワルで何の専門的な能力もない俺と小さな女の子の歩いた月への道





「さぁ行こう。おいで」





「....」






この小さな手をとり数え切れないくらい歩いた






無言で






俺は止まりたいところで止まりその時間を自由に開放した






そのあいだもずっと無言で時に手を握ったままだった






突然に激しく泣き出すこともあった






悲しみと恐怖が入り交じったような表情






魂が痛い痛いと言うてる






唇は変色し手足が硬直していた





無言で抱き締めた





胸を手でずっと押さえていた





体が固まってるのでおんぶして童謡を歌いつつ二人夕暮れの里を歩いた






あれからどれくらいの日が経ったろう






いつか野原に差し掛かった時、どこからか小さな声が聞こえてきた






「..たい」






「..どうした?」






「見たい」






「何が見たい?」






「お花」






「そうか。じゃあ一緒に見に行こう」..






魂からのか細い小さな言葉





風が、メッセージが少しずつ心に入ってゆく






それまで言葉を交わさなかったのは...なるべく小さな裸の心に風を送りたかった






その風は、匂い





瞳に映るもの











そして、温もり





言葉は時に迷いを生じさせ最悪逆に追い込むことになる時もある






子供達にはお花や虫を見る時は目線を低くして見てみ?ちゃんと生きてはるのがわかるからと言ってるけどもこの子は体を横たえて見つめていた






ちゃんと日々俺を見つめていた





その光景に笑みがこぼれた





それから一週間以上経って海が近い野原に来た時



「ここが好き」



と子は言った





「そうか。ここが好きか。見てみ?ここはな人間とおんなじ命がたくさん住んではるんや。あんちゃん言うてたな?みんなそれぞれのお家がここにあるんやよ。お家に入る時は何て言うんやった?」





「..お..します」





「そうやな?じゃあ言うてみ」





「はずかしい」





「あんちゃんずっと待ってるわ」





「..お邪魔します」





真っ直ぐな言葉があたりに響いた





その言葉が風に乗ってはるか向こうまで流れていった気がした





「こんにちは」





「靴が汚れた」





「あんちゃん、あれ何?」





野原からの小さな声が嬉しかった





心の真ん中から発せられた言葉に俺は胸がいっぱいやった






俺の手に無数の傷、格闘も、激しく怒った時も、家出も、何時間も抱き締めていた時も、一緒に笑った時も、いっぱいいっぱいの心から爆発した悲しみの叫びもすべて真ん中からの言葉





そして気持ち





俺はできた人間じゃないけどもその言葉はすべて受け止めたいと思ったあの時





俺のやることは正しいなんて言えん





ただ、真っ直ぐにそこを見つめていたかっただけや






「さぁ、もう帰ろうか」






「お邪魔しました」





帰りは肩車をして帰った





「..あんちゃん、何でスズメさんいっぱい鳴いてるの?」






「おぅ、チュンちゃんやらはな、今日の出来事をみんなで報告しあってるんやよ」






「ふ~ん、美矩やらとおんなじや」






「そうや。みんなおんなじやよ」





ん?





俺の髪の毛に違和感が...





落ちていた花を俺の髪にさしていた





しかも五本も(^_^;





「(笑)」






「何!まぁ..今日は許したるわ。可愛くやれよ?(¬_¬)」






俺の風貌に可愛いお花があるので人々は熱い視線を送ってくるけどもそんなのは全然気にしない






小さな月への旅立ち..






月へのこの道にたくさんの花が見えてきた





言葉はいらんな






笑顔で手を振って見送りたい






泣くか?って?






泣かんよ(¬_¬)






いや...






まぁ..その時は木の陰で..な(¬_¬)










心に月を宿した素敵なレディ










大丈夫や(o^-')b












月の子よ..















スポンサーサイト

テーマ : 「生きている」ということ
ジャンル : 心と身体

秋の子




今朝は本当に冷えたな





これから厳寒の海へ向かうのかと思うとちょっと顔が..(>_<)






でも朝も早くからチュンちゃんも頑張ってるからな♪マケテラレンゾ(・ω・)





そのいとおしいふっくらした姿を見たら寒いのも飛んでゆくよ(笑)






朝開いている書店があったのでちょっとだけ寄って





店内を少し歩いて一つのイノシシのイラストに目が止まった





その時にあるニュース映像を思い出した





その日、イノシシ親子が山から降りてきて帰る時にウリが川に取り残されたという話





親はしばらくとどまり様子を見ていたが山に帰っていった





そして次の日もまたウリの様子を見に川へ戻ってきた





川べりには物珍しさに人がたくさん上から見下ろしている





そのたくさんの好奇の目が見下ろすすぐ下で命のドラマがあった





親は何とかそこから抜け出そうとウリをずっと見守っていたがまた山へ帰って行った





そして次の日もまたウリの様子を見に川へ戻ってきた





川べりには物珍しさに人がたくさん上から見下ろしている





そのたくさんの好奇の目が見下ろすすぐ下で命のドラマがあった





親は何とかそこから抜け出そうとウリをずっと見守っていたがまた山へ帰って行った





テレビがその様子を見ていた会社員風の20代後半くらいの夫婦にインタビューをした





彼らは



「子供を置いていくなんて何ていう親だ」





「子が可哀想。私達も親になる身ですがこんな親にはなりたくない」



と言っていた





俺はちょっと言葉を失った





親がどれほどの勇気を振り絞って来ているのかわからないのやろうか





彼らにとって人間はすごく怖い。恐怖..





その怖い人間がたくさん見下ろしている中を毎日つき進んで子を見に来ている





厳しい自然に生きる子の命をかけた歩みをそんな曲がった目で見つめてほしくない、その命の足跡をちゃんと見つめてほしい..そう思った





(後にウリは無事親と合流できて山に帰っていきました)





その映像を見てからある場所へ向かった





ある老獣医の家へ





家を少し改築したいと前から聞いていたから手伝うために





「お、悪ガキ共来たなー?」





悪ガキて(^_^;





口の悪い獣医さんネ(^_^;





以前園の子たちに話していたから何人か連れてきて





彼らがどんなふうに動くのかが楽しみだった(^-^)





ん?んん?





ありゃりゃ?





違う物をたくさん持ってくる(^_^;





遠くから「戦士殿!これは違うでござる!」と老獣医の命の叫びが(笑)





そんなこんなで三時間経って休憩





はるか空にトンビの声をBGMにみんなでおむすびを食べた





子供達の額を見たらたくさんの汗が





右も左もわからないところで今の彼らに精一杯のことをしたな(^-^)





君達も今日は森の子




風を感じながらいろんなこと体で感じたらいい





何とかかんとか出来上がる頃にはもう深い夕陽が




帰りは皆で道草しつつ帰った





最後のほうで用事で比較的都会の繁華街の近くを通った時に嫌な予感がしていた





案の定闇の中に黒塗りの車があり中から罵声が聞こえてきた





昔、潰した〇の奴らだった




数人は組に入ったと誰かに聞いたことがある





「あんちゃん..」





不安そうな顔を見せた子達





俺はいつのまにか普段の俺とは違う昔の俺のオーラを出していた




未熟でちっぽけなかつてのオーラを





そうや、この子達を守るために





そして子供達の手をグッと握って笑顔でいた





「あんちゃんの手温かいか?」





「うん!ホッカイロみたい!」





「そうか。みんな真っ直ぐ前を見て歩こう」





しかしみんな引っ付き過ぎてあんちゃん歩きにくいぜ(^_^;





繁華街を離れ田舎へ





みんなに伝えた童謡の「秋の子」を歌いつつ園へ着いた





お月様へ





今日もこの子達の道を照らしてくれてありがとう





自然の子、人の子、道は険しくともそれぞれがそれぞれらしく生をまっとうできるように大きく見つめていてほしいと心で願った






里より..





いつでも月は見ているよ















テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

月への小さな冒険




今日も海風が気持ちいい







午後も大きな貨物船を相手にしなければいけない






ちょっと遅めの昼休み






携帯を見たら園長(姉貴)から着信とメールがあった






中身を読む前にだいたい想像はついていたが姉貴に連絡した






「あんちゃん、午前から裕里が家にいないんよ」





「家に?そうかー。ん~早めに終われるようにするよ。終わり次第向かうわ」






「ウチも心あたり当たっとくよ!」






カスミソウの子..






ついに歩き出したな?





だいたい予想がついていたよ





君はもうじき家を出るって(笑)





君の目がな、すでにそれを教えてくれていた(^-^)





逃走...違うな






普通の言葉ではおそらく「逃走」になる





前の施設でも「逃走の恐れ」やったな






でもな...ここには逃走という言葉はない






冒険..そう、小さな冒険としとこうか







君、心が「冒険せよ」と命じたんやな?







今必要なのは自らの足で歩くことと、風を感じること..







月へ歩み始めたしるし







君は死ぬような子ではないとわかってる






目を見たらわかるんやよ







どこぞの施設の人間が「目に生気が無い」と言っていたがこの目のどこを見ていたんやろう







何であんちゃんには君の目の奥に小さな花が見えるんやろう..







あんちゃん、ちょっと意地悪か?






あんちゃん..

君を駅に迎えに行ってその帰りにな、君のポケットに五千円入れておいたんやよ







なんでやと思う?








君がすぐに冒険するのわかっていたからやよ?...






あるいはもしかしたら





あんちゃん裕里に小さな冒険してほしいってどっかで思ってたかもしれない..






君、その小さな足でどこへ向かってる?






しっかり風を感じているか?






おにぎりかパンでも買って食べてるか?






冒険には腹ごしらえも必要や






しっかり食べろ







それとも寂しくて寂しくて泣いてるか






そこらやとよくヘビが出るから怖いぞ~?




虫も「こんにちは!」っていっぱいや







でもな..大丈夫や..どんなに険しく寂しくとも裕里には帰る家がある





待っている者がいる






だから何かを見つけられるまで思いっきり冒険しておいで





その足で、歩きたい道を歩け





行きたいとこに行け






そしてどこかで小さなメッセージを受け取って帰っておいで






でも月の家にはルールがあるから、そして皆に心配をかけたからそれに対してはあんちゃんは恐い雷を落とさせてもらう






それは、ケジメとして






あんちゃん仕事やから夕方以降からしか探しに行けないけども






見つかるまで太陽の下、気を付けていろんなこと感じておいで








君は大切な月の子..








お地蔵様..その小さな歩みを見守っていてください

























テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

風の中のデート(冬)







「あんちゃん明日空いてる?」





先日の姉貴(園長)の言葉





「おぅ、空いてるよ。何や?」






「ムフフ..デート行かへん?」






「デート??ウーン、レディからのお誘い断るわけにはいかんなー。あ、ゼファー乗りたいんやろ?ええよ、風突っ切ろうや」






「ウーン、乗りたい!けど今回は自転車でいいよo(^o^)o」





「おぉ、自然の神様が呼んでるんやな?ええよ、行こうぜ」





「おぅo(^o^)o」





たまにこうして姉貴とデート?をしている





今回はどうやら神様がお呼び(笑)らしいので自然の中へ





市内を郊外へと走る





二人とも立派なママチャリ





俺のほうはおばちゃんから譲り受けた前にも後ろにもカゴがついてるスーパーママチャリ(^-^)





だが今回は最後の恒例行事?のために後ろのカゴを外した





ママチャリはやがて郊外から自然の中へ





しかし、かなり冷えていて二人とも鼻水が止まらない




お互い相手の顔を見て「ワッハッハ(笑)」と笑い倒すが二人とも同じ顔(笑)





小高い丘を登り切った時海が見えた





港の仕事はこれから厳しい寒さになる




軍手が凍る時も





園長は58 の女性でかなりふっくら?してる





プライベートでは「お姉さん」または「姉貴」と呼ばなければ鉄拳制裁が待ってる(^_^;





怖い..(笑)





寒いながらも走れば汗が滲む




ふと姉貴の横顔を見た





汗をかいているが満面の笑みで目は真っ直ぐに前を見つめていた





俺はそれを見て安心していた(^-^)




その真っ直ぐなおおらかな視線の先にはいつでも子供達がいる





「竹林の小道あるし教えるわ。通っていこうぜ」





だんだんと道が細くなり竹林が現れた





空気も透き通っていて匂いがいい





「わぁー私この道好きやわ」





しばらく行くと農家がチラホラ出てきてある一つの農家を過ぎて自転車を止めた





俺「見た?」




園長「うん、見た」




俺「当然いくわな?」




園長「おぅ!d(^O^)b」




ある農家の庭先で柿を売っていたのさ(^o^)





ちょうど小腹が減っていたから二人はそれを見逃さない




一カゴ山盛りで百円!



安い!



いったい何個入ってんのか数え切れない(*^_^*)




こんな出会い大好き





それからしばらく走らせ自転車を止め二人で柿を食べた




いや、失礼




貪りついた(笑)





止まると少し寒いが食べながら周りを見渡した



遠くの山のふもとがキレイ



姉貴もちょっとだけ感動




「あんちゃん、いつもありがとうね」




「何や、急に(¬_¬)」




「いや、園に居てくれてるから(^-^)」





「何や急に(¬_¬)さー行くぞー」





「あんちゃんはいつまでも照れ屋やなぁ(笑)」





「何やと?(-"-;)」






話をさえぎったのはそういう話は苦手やから(^_^;






感謝の言葉は未だに慣れない(^_^;







風が気持ちいい





今この瞬間感じてること、見えるもの、姉貴とのママチャリ散歩は明日にも明後日にも忘れない





俺にはこの時が大事やから(o^-')b





姉貴のカバンの中になぜか古いボールが入っていた




二人チャリで走りながらボールを相手のカゴに入れ合いっこが始まった (笑)





しかしうまく入るわけがない



ボールが落ちていくと取りに行くのは俺の役目(^_^;



そして俺が連続でうまく入れると悔しいのかワザと外してくる(-"-;)




「あんちゃんお先~~~」





(-"-;)





その後二人周り道をして小道から木々を見つめた





そして帰り恒例?の抜きつ抜かれつのデッドヒートが始まった(いつもこうなる)





ハンデのため俺は後ろに座らされるがなにぶん漕ぎにくくカーブで転倒したり散々(^_^;





レースが終わりふと見ると野生のキジが




俺「あ!キジや!」




園長「え!どこどこ?あ、ほんまやー!」




俺「じゃあ今日は少なくとも三つはいい事ありましたな?」




園長「フォッフォッフォッ(^^)vあと最後にもう一ついい事あるよ」




俺「何?..まさか!」




園長「そのまさかじゃ(^^)v町へ帰ったら鍋を食べに行くぞい」




俺「大丈夫かいな..(全身を見つめた。ふくよかやから.笑)」




園長「あ?何か言うたか?(-"-;)」




俺「ははー m(_ _)m」





心なしか姉貴の後ろのタイヤが空気が無さそう




重みで悲鳴か?(笑)




頭もボサボサ(笑)




笑いをこらえつつもその光景を愛しく感じつつ(笑)風の中を進んでいった







当たり前じゃない、小さないい事、いくつもあったらいいな?








ほら見てみ?









すぐそこに(^-^)

















テーマ : 生きる意味
ジャンル : 心と身体

月への小道




野原がさざ波のように揺れている





真っ青な空を見上げ歩き慣れた一本道を進んでいる・・・





カスミソウの子




今日は君を駅まで迎えに行く日





なぜ進むのか?





どうして?





そんなことをいつか言われたこともある





適当に女と遊んでりゃそれなりに楽しいんやないか?




うん?




趣味に没頭してりゃ..





ああ、してるよ(^-^)





遊びかって連れとよう遊んでるo(^o^)o





その声に答えた





勘違いしてないか?





俺がいつしんどいと言った?(^-^)





一つものだけを見るな




一つは一つであるが、それは大きな流れの中の一つ





その流れが確かなものであるならその小さな一つは必要であるしそれを見つめることはしんどいことではない





魂がそれを見つめるならそれに従うだけ..





答えは..




この当たり前の風景の中にあるのかもしれない





小さな命の歩み..





そうやよ、いつも見てる



さりげなく





その中には人間がどんなに言葉や知識を駆使しても語ることができない深遠なものがあると思っている





シンプルでいて深遠やと





ちょっとしゃがんで土をひと掴みしてみたら..




ただの土





でもこの握った土の中にはいろんなものが詰まってる





でも人間の目にはなかなか見えない





見たものだけを信じるか




もしくは..大きな流れの中の一つとして真っ直ぐに見つめようとするか





子の心も外からでは何にも見えないこともある





でもそこには大切なことがいっぱいや





命の涙はこれから歩む上で必要でこれから何度も流すことになる





何度も何度も





何度もそれを見つめることになる





それをすくってあの息吹に変えてまた君の心に返してあげる





だから君の涙は無駄ではない





こんな汚い手でよければ手を繋ごう





今までの人生、少々汚れが染みてはいるが君の命の涙をすくうことはできる





チュン(スズメ)ちゃんの子が親にまとわりついて羽をパタパタ「チョーダイ!チョーダイ!」している





子はいつでもおかあちゃんのとこへ





それが自然




そして君は本来のあるべき君の心へ帰らなくてはいけない





あんちゃんな、力は及ばんかもしれんが君にいっぱい伝えたいことがあるんや





月も、風も、空も、命も、痛みも小さな大切なことも。いっぱい





君がこの世に生を受けたことを祝福できるように





闇に咲いた花も一緒に持っておいで






月への小道





茨の道でも命は遥かなるさざ波のように






さぁ、行こうか
















一本道






テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

プロフィール

風の大空

Author:風の大空
月への道へ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
足跡はこちらへ
おきてがみ
管理人へのmessage
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
読者の登録
track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。